家庭向け
家族がいつでも、安心に出かける。
 
個人向け概要

家族の代わりに、利用者を守る。

家族が不在の時、利用者の様子をモニタリングし、異常発生次第に家族に通知する。

在宅の課題
家族が介護する為、外に出られない。
家族が長時間不在の間に、利用者の様子が心配。
訪問サービス時間外の見守りが足りない導入前の
フォロー。
在宅見守りシステムの特長
寝たきり者、徘徊者、歩行障害者向けの特化システム。
最小限の工事と費用で、在宅見守りができる。
使用メリット
家族側:

家族が外に出られるように負担を軽減する。

介護するストレスや負担をなくす。

訪問業者側:

利用者の様子をいつでも確認でき、異常発生時に速やかに対応できる。

ケアチームの情報共有の効率が向上、業務管理・実行がより順調に進める。

訪問する前に、利用者近況次第の準備ができる。

システム機能
生体異常状況を検知できる
在離床状況を検知できる。
転倒転落を検知できる
利用者が出かける次第に
通知する
温度異常を検出次第に
通知する
システムの仕組
①寝たきり利用者向けの【標準コース】
②転倒リスクある利用者向けの【転倒アラート付きコース】
 
使用例
寝たきり利用者が異常出る次第に、家族と訪問業者に通知する。
よく徘徊する方や、歩行障害者が転倒する次第に、家族と訪問業者に通知する。
認知症の利用者が出掛けると、家族と訪問業者に通知する。
認知症の利用者の操作により、室温が異常になる時に、家族と訪問業者に通知する